注意点がある

女性器は、非常に繊細な部分になります。そこにメスを入れる術式ならトラブルが発生する可能性もあるでしょう。
万が一、小陰唇縮小手術で問題が発生した場合相談もしにくくなってしまいます。
そのような状態を避ける意味でも、手術に起こりうることを先に知っておくことが大切になるのです。
ただ、小陰唇詳述の前に医師から細かい説明があるはずです。熱心な先生は丁寧に分かりやすく教えてくれるのでそのような医師であれば安心できるでしょう。
納得できない・説明が適当な場合は実行する必要はありません。自分を守る意味で、怪しいと思ったらすぐ辞めるようにしましょう。

專門のクリニックでする小陰唇手術は、短時間で終わるという最大のメリットを持っています。
ただ、外科手術になりますので行動など日々の生活で制限があることを理解しておきましょう。
お風呂は日々の日課になりますが、翌日からOKが出ている場合とそうでないことがあります。
患部は比較的濡らさない方が懸命でしょう。休日のうちにやっておく方が安心です。
また。入浴はなるべく控えるように指示がなされます。長くて一週間から二週間は避けるようにしましょう。
スポーツをしている人は、激しいのではなく体への負担が少ないものにとどめておきます。
性交渉も同様に、一ヶ月ぐらい禁止にしているクリニックがほとんどです。